利息制限法と過払い

債務整理ナビ 債務整理相談~手続きまで・多重債務からの脱出法

利息制限法を越える金利で返済をしている人は、過払い返還請求をすることができます。

利息制限法と過払い

利息制限法に基づいた金利以上の高金利で借り入れた場合には、最初に借りたお金よりも金利の支払いのほうが大変になります。これは借りている期間を長期化させることにもなります。 元金の支払よりも利息の支払いを毎月していくことになります。何年たっても支払いが続いてしまうことが多くあります。


自分が支払っている利息が利息制限法よりも高い場合には、その分の返還請求をしてみてはいかがでしょう。借りている年数や金額によって、元金に充てることもできます。多額の支払で悩んでいる人にとっては法律事務所に行って弁護士に相談すると、さらに費用がかかることになります。


そんな時のために、インターネットには悩んでいる人のために相談できるシステムがあります。まずは、自分が借り入れたお金の金額や年数、そして利息を計算します。返還請求できるかどうかを確認してみてください。低料金で試すことができます。出資法があるために、利息制限法よりも高い金利で貸し付けしている企業は多くあります。


手段としては破産宣告をすることもできます。貸し付けている方としては確実に返済してもらった方が得です。借りている側の要求を聞いたほうが双方いい結果にすることができます。利息制限法よりも高い金利を長年支払っている、という人は一度試してみることをお勧めします。

Copyright Copyright 2008-2012 債務整理ナビ 債務整理相談~手続きまで・多重債務からの脱出法 All Rights Reserved.