債務整理ナビ 債務整理相談〜手続きまで・多重債務からの脱出法

利息制限法を超えた利率での契約の場合、過払い金が発生している可能性があります

過払い金について

お金を金融業者から借りる時には利息が付いてきます。元のお金だけの返済で済むということはほとんどありません。借りるお金に対して利率が決められています。この利率は高く設定されていることが多く、返済に苦しむ人は後を絶ちません。利息制限法では、借りるお金によって一定の利率になっています。規定されている以上の利息は支払う必要がなく、無効とされています。

それでも高い利息を支払い続けていると、本来返済すればいいだけのお金を返済していることになります。それが過払い金です。特に以前は利息制限法よりも高利率での貸し付けをおこなっていました。過払い金は借りたお金が高く、そして期間が長ければそれだけ過払い金の発生する確率が高くなります。借りる側は目の前の借金を返済することで頭がいっぱいです。返済することが苦しくなってくるとさらにほかの金融業者から借入をしてしまいます。

利息制限法による利息を支払っていたら、過払い金ということはあり得ないことなのです。今でも高い利息での貸し付けをおこなっている業者はたくさんあります。多くの債務者は過払い金が発生している可能性が高くなります。借りる時にはできるだけ利息の安いところで借りるようにしましょう。

Copyright 2008-2013 債務整理ナビ 債務整理相談〜手続きまで・多重債務からの脱出法 All Rights Reserved.